<< ルクルーゼ ファミリーセールについて | main | 韓国家族旅 201207 day1 >>

韓国 母子旅行2012 day2

春休みを利用して、ちーちと行った韓国旅行の2日目と3日目。

◯day2

昨夜は、チムジルパンでリフレッシュして帰って来たけど、結構いい時間だったので、なかなかすっとは起きれず。

それでも、9時半頃にはホテルを出発。
生憎の雨、それもものっごっつー寒さ。
めげずに地下鉄に乗って、安国へ。
今日は、北村の韓屋と三清洞、仁寺洞を散策、広蔵市場で買い物、明洞散策という予定。
※実際には、この他弘大とかアックジョンも行きたかった。あ、南大門も!

雨と、冷たい風の中、安国駅から北村の韓屋街へと坂道をトボトボ。

地図をみながら、それらしき辺りに行きましたが、TVでやってた、南山タワーも見える場所はどこ?って感じで辿り着けず。



とりあえず、雰囲気&写真を撮って、次の仁寺洞のサムジキルまで徒歩で向かう。

途中の大きな交差点で、どっちだろ?と地図を広げたら、マダムが英語で話しかけて下さいました!
大体の場所は分かったので「カムサハムニダ」とお礼を言って別れようと思ったら、方向が一緒らしく「こっちよ!」近くまで案内して下さいました。

マダムは、お台場に行った事があるとかいろいろお話しして下さいましたが、英語も微妙だしハングルもできないし。。。。
もっとしゃべりたい!と思いました。
この、マダムもハング勉強しようと思ったきっかけでもあります。

最後にもう一度「カムサハムニダ」と言ったら、「とても綺麗な発音ね」と褒めて下さり、本当に嬉しかったけど言えたのは「カムサハムニダ」(笑)

今だったら「ノム ノム チョアヨ。チョンマル カムサハムニダ コマウォヨ」って感じでしょうが。

マダムと別れて、サムジキルへ。
何しに来たかと言うと、韓服貸してくれて、プリクラが撮れると言うので。



しっかし、寒くて挙句には雪が降る始末!!!
本当に寒くて、生姜茶で生き返りました〜

プリクラ屋のお兄ちゃん日本語も上手で、ちーちをかわいい、かわいいって言ってました。
韓国の方はお子様が好きなんですね。
うちの子は照れちゃって。

次回も行ってみようと思います!

サムジキルを後にして、広蔵市場へ向かいました。
会社の人オススメの、ピンデットとビビンパを食べ、ステンレス製のキムチケースを買うため。

まず、ビビンパを食べたけど、ちーちがコチュジャンが辛くて無理って言うので、次にピンデット。

ビビンパも安くて美味しいし、味噌汁が気に入って結構食べました。

ピンデットもテイクアウトの人達でいっぱい〜
マッコリとピンデットで一杯やる、アジョシと相席でいただきました。

サクサクして美味しい!
漬けダレの玉ねぎもいい感じ〜



半分くらい残して、ポジャン(持ち帰り)にしてもらった。

市場から外れた金物屋で、無事好みのサイズのステンレス製キムチケースもゲット〜

ゼスチャーだけでしっかり買い物完了。

それから、ソウル駅のロッテマートでお土産やらお買い物。
キムチだけハンドキャリーで後は、EMSで発送しました。
韓国ってなんて便利なの?と思いました。



それから、明洞の路地裏でサムギョプサルとタコの足の踊り食いを注文。
ここの味噌汁も美味しかった。

ちーちは、気持ち悪いがって一口を無理矢理食べただけ(; ̄ェ ̄)

ご飯を食べ進められず、海苔をサービスしてくれました〜
優しいですねぇ。

お腹も満たし、本当はどっか観光したかったのに、ちーちの強い要望で、チムジルパンへ。

この時間の無いツアーで一番過ごした場所はチムジルパンです(笑)

でも、リフレッシュできてよかったですよ。
お風呂で温まって、サウナ入って、ゴローンとして。
ちーちも御満悦!

明日は4時起きだよってことで、ホテルへ戻りパッキングを済ませて就寝。

◯day3

最終日、5時ピックアップ〜
早い〜

のに、仁川近くの日本人専用お土産屋へご案内。

朝から日本人だらけ、何もかも高すぎて買うものなし。
ずーっとロビーで座ってました。

それから、仁川空港へ。
ゆっくり過ごしたかったのに、そんな土産物屋なんて連れて行くから忙しい忙しい。

最後に、どーしても食べたかったソルロンタンを食べて、食べ終わったら既にボーディング。
慌ただしい感じ、さようなら〜ソウル〜またねぇ〜でした。

帰りにも、ステキな金縛りを観たものの、最後まで観れず〜残念。

で、帰ってすぐに夏休みはソウルってことで、エアとホテルを予約しました。

たっぷりだろ〜ってくらい長い滞在時間なのでちょっと郊外へも足を伸ばしたいなぁ。





posted by: けりー | りょこう | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://blog.delicious-world.net/trackback/1312340